nani IRO | 50cm角クロス / Terttu Pocho

¥1,100

SOLD OUT

フィンランドのアーティスト、アヌ・トゥオミネンとのコラボ作品。
動きのある水玉模様の中にベリーが隠れている、遊び心溢れるパターンになっています。

material : オーガニックオックス_綿100%
size : 約50cm×50cm

商品番号 CJG-2087
カラー Terttu Pocho

※裁断箇所によって柄の出かたが異なります。
※生地に細かな黒い点が見える場合がありますが、綿花の欠片で害はございません。
自然な風合いをお楽しみください。

Request restock notification

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fee for this item varies by the shipping method. Customers can choose the shipping method at time of purchase.
Japan domestic shipping fees for purchases over ¥5,000 will be free.

  • クリックポスト

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥300
  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥1,000

詩を描く

Naomi Ito Textile nani IROは水彩画家・伊藤尚美さんのアートワークから生まれるテキスタイルブランド。自然の風景とそれを感じたときの詩的な言葉の断片から描かれる、水彩のにじみ、筆のゆらぎなどを細やかに再現した布は、その繊細さと、大胆な構図で日本だけでなく、世界30ヵ国以上の人々に愛されています。

近所の生地屋さんや大型店にも、パリのセレクトショップにもあるそんな布

nani IROの生地は、大手の生地店には必ずといっても良いくらい並んでいます。同時に、小さなセレクトショップや海外のお店でも取り扱われています。伊藤さんは立ち上げの当初から、絵に込められた感触がたくさんの人に届く複製になってもできるだけ失われないように注意を払い、”近所の生地屋さんや大型店にも、パリのセレクトショップにもあるそんな布”を目指して製作に臨んでいたことを15周年を記念して発売した書籍「詩を描く」の中で綴っています。

その想いは見事に成就し、やわらかなガーゼ、リネンや綿シルクといった素材を駆使した布は、小さな子どものいるお母さんから、自分の洋服やインテリアを作って楽しむ大人の女性まで老若幅広い層に受け入れられ、親しまれています。

日本におけるアーティストメイドの柄プリントの先駆的存在

ブランドの始まりは、絵の個展に添えるオブジェを作るためにガーゼに水彩で描いたことがきっかけだったそう。それを目にした大阪のプリントメーカー・KOKKAが依頼し、2002年「絵をのせる布」として、日本におけるアーティストメイドの柄プリントの先駆的存在「nani IRO Textile」が誕生しました。作品として描く画家の絵を量産的なプリント生地にし流通させる、一筋縄ではいかない難しさは前述したとおりです。けれど、そこをあきらめずに向き合い続けてきたからこそ、この魅力的な布が生まれ、20年の長きに渡って続いているのでしょう。

アーティストとメーカーの理想的な関係

10色以上もの版を使って表現されるプリントは、技術本来の特性からすると不向きです。しかし一見、向いていないところを妥協するのではなく、乗り越え、唯一無二の生地が出来上がっています。そこにあるのは、アーティストの表現への挑戦と、メーカーだからこそできるたしかな生産体制の理想的な掛け合わせ。nani IROの生地を見るたび、お互いを尊重する心意気と調和を奏でて広がっていく美しさに思いを馳せます。

HP: https://online.naniiro.jp/
Instagram: atelier_to_naniiro_textile
https://www.instagram.com/atelier_to_naniiro_textile/

Related Items
  • シマノネ|タオルハンカチ / パイナップル青海波
    ¥770
  • シマノネ|タオルハンカチ / 吉祥ハイビスカス
    ¥770
  • YURI HIMURO|FLOWERS / green
    ¥2,200

メールマガジンを受け取る

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。